EXHIBIYION PAST

DSC_0629m.jpg
吉田重信

​2014.5.17~6.29

今回の作品は東日本大震災を福島県いわき市で体験した三年前に、被災地で生きる人々の

悲しみや苦しみや怒り、その傷ついた魂を血の跡として漆で制作した作品です。

赤漆で描きなぐった絵画にいわき市の海の砂と空也像、そしてギャラリー周辺の植物や光や自然環境の

 

エネルギーをも取り込むことで摂理と祈りの中で日々刻々変化する作品「聖」を表します。

CIMG0316
press to zoom
DSCN0765
press to zoom
DSC_0636m
press to zoom
DSCN0410
press to zoom
DSCN0448
press to zoom
DSCN7488
press to zoom
1/1